FC2ブログ

猫の保育園 山の分校

保護猫のおさぼりボランティアです。我が家の犬猫のいる生活を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいこと

ツバメが卵を6つ産みました。
DSC_0008-2.jpg
うれしいな♪
全部無事に育つと信じます。

DSC_0800.jpg
とうもろこし。
他の野菜たちも発芽しています。
野菜の発芽や生長を見るのも嬉しいものです。


続きは、何で農家を目指すのか。
以前にも書いたかなぁ?


何で農家を目指しているのか。

名古屋に住んでいた頃、ふと、自分のアイデンティティを見失った時、人に喜ばれる職に就きたいと思い、農業に手を染めようかと思ったのがきっかけですが、今はさらに進化しています。


子供が産まれ、ふと「この子らが殺しあったりしないでほしい」と思ったのです。
その為には世界平和を実現しなくてはなりません。
面倒くさいけどしょうがない。ひと肌脱ぐことに。

それまでは正直、(当時)オバマさんとか鳩山くんとか胡錦濤っち、あるはメルケルちゃんなんかが世界平和を実現するのかなとなんとなく思ってました。他のお偉い人が世界平和を成し遂げてくれると。

でも、世界平和のことを真剣に考えると、国家の元首どもは自国や自国民、あるいは自分や党の利益しか考えていないことに気がついたのです。

こりゃあかん。あいつらに任せておいたらいつまで経っても無理だ。

そう思って、どうしたら世界平和を実現できるかを考えました。

結局、みんなが食べられることが一番近道だと思い至ったのです。
紛争は貧しい地域で起こることが多いです。それは、貧困=食べていけないのが理由だと思います。
みんなの腹が膨れたら、争いも収まるのではないかと。
衣食足りて礼節を知ると、今の若い方もよく言いますし(ウソ)。

だから、どんな国でもできる農業を目指したのです。
化学肥料・農薬重視、灌漑施設が必要な農業は破綻が見えていますから。

で、木村秋則さんの自然栽培、西村和雄先生のぐうたら農法、そして、大塚隆氏の協生農法に辿り着いたのです。
協生農法はひとくちに言うと無肥料・不耕起・草生栽培です。
それでいて、今までの収量の10~20倍を収穫してしまえるという農法なのです。

とは言え、まだ未発展の農法。
これをものにして、世界平和を実現しますので、期待してください。

スポンサーサイト

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://mizukozou.blog36.fc2.com/tb.php/136-268a2ed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。