猫の保育園 山の分校

保護猫のおさぼりボランティアです。我が家の犬猫のいる生活を紹介します。

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフスタイルの変化

だいぶ間の空いた更新となります。
これもベニシアさんの影響。
彼女は講演の時に「ひぐらしの声と共に起きる」と言っていました。午前4時頃に起きると。
そうすると、昼間は忙しくてもハーブを世話したりする時間は充分に取れると言っていました。
それを見習って私もなるべく4時に起きて畑をしたりしようとしています。
毎日はできませんが、思ったよりも早起きはできるものです。
おかげで夜は異様に早く寝てしまい、更新が滞ってしまいます。

そんな言い訳はともかく、ベニシアさんの講演などで記憶に残ったものをいくつか。

の前に。
9月25日(日)は「わんにゃんこフリーマーケット」が開催されます。
三重県は津市のサティ西隣、西口金物店さん敷地内です。
10:00~15:00です。
私は行けませんが、御用とお急ぎの無い方は是非どうぞ!

では、ベニシアさんのお話。

1.プラスチックについて
「プラスチックはずっと残るでしょォ」
分解されづらく、環境に負荷をかけやすいプラスチック類の使用を極力避けるということ。ある日、プラスチックの危険性について知ったベニシアさんは家中のプラスチック製品をガラス・陶器・ホーロー製品に替えたそうです。今も使っているのは歯ブラシくらいで、ほとんどプラスチックの使用をしていないそうです。
ちなみに、プラスチックの三角リサイクルマーク(矢印3つの三角形の中に数字が書いているもの)のうち、「3・6・7」もしくは四角リサイクルマーク(矢印2つの四角形の中に「プラ」とかかれているもの)PS、PVC、PCなどの表記がされているものは使用しないほうがいいようです。詳しくはコチラ→かしこいプラスチック・ガイド
一番問題なのは、もっとも影響を受けやすい乳幼児用の哺乳瓶がビスフェノールA(BPA)を使用した硬質プラスチックで作られていることと、ベニシアさんは指摘していました。BPAはある種のガンを引き起こす恐れがあり、様々な有害影響を起こすことが動物実験で認められているようです。

2.死ぬ時に”精一杯やった”と感じたい
「死ぬ一週間前に行きたい場所、したいこと。それはデパートに行って、ブランド品をたくさん買うことではないのです。自然の中で満たされたいと思うのです」
もし、一週間後に死ぬことがわかったら、行きたい場所はどこか?したいことは何か?
では、なぜそれを今しないのか?「人には”今”しかないんだよ」
人が羨むベニシアさんの自然な生活は、したいことを先送りしないで”今”しているだけだということでした。

3.テレビには出たくない
「でも、いま、地球の環境がこんな状況でしょォ」
迎えの車中でおっしゃっていたことです。できればテレビには出たくないけど、環境問題について広く発信できるので、テレビに出演しているそうです。きっと、ご自分の使命を感じてのことなんでしょうね。

他にもいろいろありました。生い立ち、瞑想について、電磁波についてなど。
きりが無いのでこの辺で。

追記は今日の写真です。

続きを読む

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。